靴とは、足を包む形の履物で、足を守る製品です。 くるぶしが見える程度の丈のものを短靴で、それよりも丈の長いものを長靴といいます。 靴の種類としては、安全靴、作業靴、食品用作業靴、長靴、胴付長靴など、現場作業によって使用する靴は違います。 靴を履く目的は、足を守ることもありますが、疲れない(疲れにくい)効果もあります。
  • ブルーシート各種
  • 手袋各種
  • 履物各種
  • テープ各種

表示モード: スマートフォン | PC
このページの上部へ